Hiroshima Phoenix Lions Club
HOME クラブ紹介 例会・理事会 委員会 奉仕活動 ご入会
  • HOME

  
  

〈2017-2018年度 運営基本方針〉

100年の歴史と35年の奉仕に感謝を込めてWe Serve

広島フェニックスライオンズクラブ 2017-2018年
第36代会長
横路 望
Hiroshima Phoenix Lions Club 2017-2018president
Nozomu Yokoro
今期は、1917年にメルビン・ジョーンズがライオンズクラブを立ち上げて100年の大きな節目を迎えると同時に広島フェニックスライオンズクラブにとっても結成35周年の節目となる年です。 この記念すべき年に会長の役目をさせて頂けるのはとても名誉なことと光栄に存じます。 
ライオンズクラブが100年にもわたり世界で継承されてきたという事は、100年間必要とされ続けてきたと言う事だと思います。 私たちが「We Serve」(私たちは奉仕する)を掲げ奉仕活動に取り組めるのは、みなさんと家族の健康があって、かつ、家族や地域社会の理解があるからに他ならず、心より感謝しています。

私たちはアクティビティを通して感謝の気持ちを伝えたいと思います。
今期のアクティビティは継続と飛躍を目指します。
・小中高等学校での薬物乱用防止教室を継続します。
・薬物乱用防止教室は、大学生認定講師による体制を強化し、受け入れ大学を増やします。
・青少年育成は35周年記念サッカー大会と称してわくわくするイベントにします。
・35周年記念アクティビティとして広島ひかり園において入園者の心に残る慰問会を行います。
・平和ポスターにエントリーし子どもたちの作品を国際会場へ運べるよう頑張ります。

クラブ運営は新会員を最低3名は入会させます。
次年度は我がクラブから待望の長﨑ガバナーが誕生します。
クラブがしっかりサポートできるよう全力で準備します。

これからの未来に向けて、さまざまな形の「We Serve」を継続していけるように一歩一歩、精進していく所存ですので皆様の惜しみないご協力をお願いいたします。





戻る

 (2017.07.06更新)

アクティビティー
【青少年アクティビティー】
 【薬物乱用防止アクティビティー】
2017-2018年度 薬物乱防止教室





 (2017.07.06更新)
Hiroshima Phoenix News
クラブ役員等を更新
 
 


Copyright(C) 広島フェニックスライオンズクラブ 2012.06.15